杉並区 引越し業者

杉並区の引越し業者はどこの会社がいい?安くておすすめはこれ

杉並区 引越し 料金

杉並区 引越し 価格

杉並区 引越し 相場

杉並区 引越し 比較

杉並区 引越し 最安

 

杉並区の引越し業者を検索すると、約70件ヒットします。
この中から良い引越し業者を探すのは大変です。

 

引越しはいろいろとお金がかかりますので、安くしたいと思いませんか?

 

引越し業者 杉並

 

引越し業者を探しているなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。
荷物の量、エレベーターの有無などを順番に入力するだけで、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

杉並区 引越し

 

比較なしでは相場も最安値の会社もわかりません。
サービス内容や価格などの判断材料を集めて、引越し業者を決定しましょう。
引越しは、土曜日曜祝日に集中します。
さらに大安を好む人もいますし、配送は午前中に済ませて荷解きを夜にしたいという人も多いです。

 

1〜3月や9〜10月などの人事異動の多い月は、引越しが集中します。
のんびりしていると希望日に予約がいっぱいということもありますので、新居が決まったらお早めにご準備くださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し費用と時期の関係

 

杉並区 引越し 時期

 

引越し業界には「繁忙期」と呼ばれるとても忙しい時期があります。
引越し業者の繁忙期は3月前後です

 

この繁忙期にはちゃんとした理由があります。

 

日本では4月から新学期を迎えますから、新社会人や新大学生は入社や入学のために3月に引越しします。
一人暮らしを始めたり、寮に入ったり、地方から都会に出てきたりするのが、どうしても同じ時期になってしまうのです。

 

しかもこれだけではありません。

 

日本の多くの会社では春と秋の2回、人事異動があります。
この春の人事異動が4月の新学期をスタートとするので、やはり3月に引越しをすることになります。

 

これに通常の引越しも加わると繁忙期はどこの引越し業者もかなり忙しくなるわけです。

 

繁忙期にはスタッフを増やしたり、残業になることも多いので、引越し費用を通常期よりも高く設定しています。
もし引越し時期にこだわりがないのであれば、この時期は避けて引越しするのがオススメです。

 

 

引越し作業の手順

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがありますから、あらかじめどんな手順なのか確認しておくといいですね。

 

・新居が決まったら、引越し業者に一括見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターありの4階となしの4階では同じ料金にはなりません。
新居が決まったら早めに見積もりを取って、一番条件の良い引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包と不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物を少しずつずつ梱包します。あまり使わないものからどんどんダンボールに詰めましょう。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりませんので、転出届を提出しましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、精算方法などを確認してください。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
手配を忘れて新居の電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多くあります。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
最寄りの郵便局に転送の手続きをしておく、と1年間は新居に届くようにすることができます。
その間に友人や知人に引越ししましたという連絡を行ってください。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者に運搬はおまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと、引越し当日は非常にスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行います。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引越しにかかる初期費用

 

引越し 初期費用

 

引っ越しにはいろいろとお金がかかりますが、その中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
契約料にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で貸主に預ける形になっています。
しかし部屋を綺麗に使って、退去時に特に問題がなければ返還されることが多いです。
しかし契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しておきましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものですので、指定されている場合は支払う必要があります。
ただ最近は礼金ゼロという物件もあります。

 

さらに2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
近年は家賃の滞納が社会問題となっているので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主もいます。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって料金が決まっていますので、確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものです。
しかし、最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
自分のためにも火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。
前の住人がスペアキーを作っていた場合、やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越し費用の仕組み

 

引越し 料金 仕組み

 

引越し費用には定価がありません。
なぜなら引越しは荷物の量や物件の状況、運ぶ距離などで費用が大きく異なるために定額制にできないからです。

 

そして運ぶ荷物の量が多いほど引越し料金は高くなります。

 

荷物が多いとそれだけ多くの配送スタッフが必要になりますし、荷造りやトラックまで運ぶ時間もかかるからです。
それに荷物が多いと大きなトラックが必要となり、それだけ多くのガソリン代がかかるのです。

 

もし引越し料金を安くしたいのであれば、引越しの前にできるだけ荷物の量を減らしましょう。

 

今はメルカリやラクマなどのスマホアプリで直接売りに出したりすることも出来ますね。
しかし売れるまでには時間がかかりますし、配送もしないといけませんので早めに動きましょう。

 

忙しい方はリサイクルショップなどで引き取ってもらう方法もあります。
しかし家電は5年以下のものでなければ買取りはかなり難しいです。

 

売るのが無理な場合は欲しい人にあげる、思い切って捨てるなどの方法で不用品を減らしましょう。

 

新居に不用品を持って行く費用ほど、不経済なことはありませんので引越し費用を安くしたいなら、不用品は引越し前に処分するのがオススメです。

 

 

引越し時の家賃

 

引越し 家賃

 

賃貸から賃貸への引越しの場合、引越し日のことを考えないと2ヶ所分の家賃が重なってしまいます。
多くの人が月末に引越しをして、月初めから新居に入居することを考えているようです。

 

しかし月末に引越しができないケースもありますので、その場合はどうすればいいのでしょう。
まず引越しが決まったら現住所の契約書を探して「何ヶ月前に告知すること」と書いてあるかを調べましょう。
もし3ヶ月前に告知と記載があった場合は、すぐに不動産会社に連絡をしてください。

 

そうでないと新居が決まってから告知したのでは間に合わず、ダブル家賃が発生する可能性が高くなるからです。
現住所の管理会社に解約予告をしてから新居を探しはじめましょう。

 

建設中の新築の物件を予約する方法があります。
建設中ですからその月は家賃が発生しません。 そして手付金を支払えば部屋を予約することができます。

 

他にも1カ月フリーレント(家賃がタダ)の物件探す方法もあります。

 

これらの方法は理想的ですが、現実的に考えると引き渡し日がちょうどいい新築物件やフリーレント物件が運良く簡単に見つかるとも思えません。

 

ですから希望の新居物件の管理会社に相談をして、家賃を日割り計算にしてもらえないかなど話し合いをしてみましょう。

 

新居物件のオーナーも物件を何ヶ月も空部屋にしておくのは嫌なはずので、時期によっては交渉に応じてくれることもあり得ます。
案外OKになることもありますから、ダメ元で聞いてみましょう。

 

それと忘れやすいのですが駐車場を借りている人はこちらの解約予告もしておきましょう。

 

 

引越し業者を探すには

 

引越しするときの会社の選び方は、人によって違いますね。
  大きく分けると、
 


1.お金は多少かかってもいいから、仕事をしっかりしてくれる会社を選ぶ人。
  2.とにかく安くやってくれる引っ越し業者を選ぶ方。

 

評判を調べてみるとわかりますが、どの会社を見ても、
よい評判だけという引っ越し業者さんはないですよね。

 

だったら、
安く引っ越しをしてくれるところを見つけてから選ぶ
のが良いのではないでしょうか?

 

安くて作業をしっかりしてくれるのに
知名度がない引っ越し業者はたくさんあります。
もったいないですよね。

 

 

引越しのお礼

 

例えば、結婚式や告別式などに招かれたとき、どのくらいの金額を包むかといった事に関しては、世間の一般常識としての相場の金額が設定されていてわかりやすいですね。

 

引っ越し業者へのお礼、俗に言う「チップ」と呼ばれる行為は、実際に世間でどれだけの金額で行われているものかという情報はあまり目に付くものではなく、いざ当事者になってみると戸惑います。

 

そのときになってあわてないように、あらかじめお礼をどうするか決めておきましょう。
引っ越し作業をお願いするにあたっての料金は、業務としてきちんと正規のお値段を支払っているのですから、必要ないという声もあります。

 

チップはあくまでもお礼の気持ちの表れですから、必要ないと思えば渡さないという事も選択のひとつです。
中には、現金で渡すのではなく、作業の休憩にお茶やお茶菓子、ときには食事などをふるまう、といった方もいるようです。
「チップ」という行為自体が日本ではまだあまりなじみのない行為ですから、戸惑うかもしれません。
しかし、あまりシステマチックに考えず、あくまでも引っ越しを手伝ってもらったお礼の気持ちを表す、これが最も重要なのだと思います。

 

東京都杉並区
大宮 高円寺北 松庵 阿佐谷北 天沼 上高井戸 下井草 西荻南 本天沼 和泉 荻窪 上荻 久我山 成田東 浜田山 上井草 善福寺 高井戸東 松ノ木 和田 井草 宮前 高円寺南 堀ノ内 今川 清水 成田西 阿佐谷南 永福 下高井戸 南荻窪 西荻北